マイナス営業とは?難しいキャバクラ用語を解説

専門用語の意味を解りやすく解説する辞典

登録した日から働けるキャバクラ派遣

用語の定義を理解する

  • TRY18のトップページ
  • キャバクラ派遣のお仕事の流れ
  • キャバクラ派遣初心者の方
  • キャバクラ派遣の疑問や質問
  • TRY18の会員登録

キャバクラ用語辞典

  • マイナス営業
    キャバクラは1人にお客さんに対して、1人の女の子が着くのが基本です。
    なので2人のお客さんがお店にきた場合は、女の子が2人席につきます。
    ただどうしても女の子の出勤人数が足りない場合や、
    急な当日欠勤で女の子が来れなくなった場合があります。
    その場合はお客さん2人に対して、女の子1人だったり、
    お客さん3人に対して女の子2人など、女の子の数が少ない状態をマイナス営業といいます。
    お店側からしたら、女の子の数が少ないので出費は少ないのに、
    お客さんが多く入っているので非常に嬉しい状態ですが。
    女の子側は1人あたりの負担が通常より大きく、お客さんからも不満が大きいので、
    マイナス営業は出来るだけないようにしましょう。
戻るボタン

キャバクラ派遣TRY18をもっと詳しく知りたい方はこちら>>

無料会員登録をする

ページトップ↑